今日もベランダ日和

琴線に触れたニュースや出来事の感想をまとめていく場所になる…予定です

66日目 超人・アントニオ猪木の思い出

アントニオ猪木が亡くなった。

 

包み隠さずいえば僕にとって…いやいや。僕だけじゃない。絶対僕だけじゃなくて。

現在40歳前後のプロレスファンにとって、アントニオ猪木は「やっかいなじいさん」だったはずだ。

 

90年代後半。高田延彦ヒクソン・グレイシーに惨敗し、うっすら見えていた黒船の影が一気に日本プロレス界を覆ったころ、猪木さんは引退した。

 

次は前田か?船木か?誰がプロレス最強を証明するんだ!?誰が溜飲を下げてくれるんだ!?という時期に行われた猪木さんの引退試合は、元UFCチャンピオン…いわゆる『あっち側の世界』から来たバリバリの格闘家、ドン・フライ

 

1年前くらいから新日本に参戦し、異種格闘技戦を戦ってきたドン・フライを相手に、猪木さんは延髄斬り、ナックルパート、コブラツイストという堂々とした"プロレス"を貫き、引退試合を勝利で飾り、有名な『道』のスピーチのあとリングを降りた。ドン・フライのプロレスへの適応力も含めて、素晴らしい引退だったと思う。

 

よく言う『猪木信者』にとって、猪木さんのストーリーはここで終わっているのだろうか。

 

全盛期を見ていない、90年代からプロレスを見始めた世代にとって、猪木という人物を印象づけたのはむしろこのあとだったのではないだろうか。

 

引退後の猪木は、総合格闘技団体『PRIDE』のエグゼクティブ・プロデューサーに就任する。

 

周囲は、シレッと黒船に同乗してるプロレス村の村長を冷ややかに見つめていたが、村長はお構いなしに自分の抱える選手たちを次々PRIDEに送り込む。

 

よくこの時期の歴史を振り返ると「PRIDEに上がったプロレスラーが次々惨敗し…」などと語られるが、実はそうでもない。

 

PRIDE10くらいまでのプロレスラー初参戦時の戦績を振り返ると

 

高田延彦ヒクソン・グレイシーに惨敗

・佐野なおき=ホイラー・グレイシーに敗北

桜庭和志=バーノン・ホワイトに一本勝ち

アレクサンダー大塚=マルコ・ファスを戦意喪失に追い込みKO勝ち

小川直也ゲーリーグッドリッジに一本勝ち

藤田和之=ハンス・ナイマンに一本勝ち

 

 

と言ったところで、実はそれほど戦績は悪くないのだ。

しかし、これに気を良くした猪木が、自身の冠大会である「イノキボンバイエ」や、新日本プロレス内で行われた総合格闘技興行「アルティメットクラッシュ」で新日本の中でも格闘技的な強さに幻想を持たれていた永田裕志中西学石澤常光総合格闘技やキックボクシングの試合に出させていずれも惨敗。

一方でプロレス界では決して名声の高くない安田忠夫が大物ジェロム・レ・バンナに一本勝ちしたりと、プロレスファンに見えていた景色とは随分違う結果になった。

このあたりで、ファンとしても『結局強いやつは強いし、弱いやつは弱い。ジャンルの問題ではない』という結論に傾きかけていて、もう格闘技はいいから本来のプロレスに戻ってきてほしいと思っていたが、猪木の強権は止まらなかった。

 

デビューしたばかりのレスリングエリート・中邑真輔を格闘技戦でデビューさせてダニエル・グレイシー相手に惜敗。更にIWGPのベルトを巻いた状態で大晦日のリングに上げるが当時K1の中堅だったアレクセイ・イグナショフ相手に膝蹴りで轟沈(試合はのちに無効試合となるが…)。

 

猪木の強権は新日本のリングでも動き、ドーム大会2日前にファン投票で決められた対戦カードを覆したり、思い出すのもおぞましい総合格闘技のバトルロイヤル『アルティメットロワイヤル』などハズレ企画を連発。

 

新日本プロレスは自他ともに認める暗黒時代に突入することになる。

 

暗黒時代をいつからいつまでとするかは明確ではないが、ハッキリと言えるのは「アントニオ猪木新日本プロレスの株を手放し、身売りに動いたところから回復が始まった」という事だ。

 

ファンとしても、新日本プロレスの『ファンよりも猪木の命令を優先する姿勢』を『神の一声』と揶揄しており、猪木が株を手放したことで、これで新日本プロレスも回復するのかな?という期待をしており、実際ここから本来のプロレス路線に戻っていったように思う。

 

猪木さんは、それ以降も新日本に対して「闘いがねえよ」と批判し、ほぼ絶縁。新たに『IGF』を立ち上げる。

 

正直、魅力的なカードが組まれることは多くなかったが、猪木のネームバリューのせいかいつもそこそこの集客だった。

 

試合自体は、元K-1王者のピーター・アーツジェロム・レ・バンナを逆エビ固めで下すなど、ちょっと考えた人連れてきてほしいレベルの試合を連発。

 

こんな所にシェアが食われてるのか…と落ち込んだものだが、そんなIGFもいつの間にかフェードアウト。

 

新日本は『第三次黄金時代』と呼ばれる盛り上がりを見せて、いつのまにか現世代のエース、オカダ・カズチカと猪木さんが対談を行ったりするようになっていた。

 

これまで燻っていた遺恨などなかったかのように、現・新日本プロレスでは猪木さんを偉人として扱っている。

 

 

 

 

 

 

まあ、こうして振り返って見ても、あの頃の猪木さえいなければ、と思うんだけど…思うんだけど……

 

いや、ぶっちゃけどうなってたんだろう。あのとき猪木さんがいなかったら。

 

なんとなく総合格闘技と距離をおいた新日本プロレスが「ほら、ストロングスタイルとか言って格闘技戦から逃げてんじゃねえか」と言われ、結局暗黒期を迎えていたのではないだろうか。

 

そして猪木を悪者にして行なった「格闘技路線から純プロレス路線に」という転換もうまくできず、そのまま衰退していたという歴史もありうるのではないだろうか。

 

15年前、あの時の猪木が嫌いだった身分で、死人を美化するようで恥ずかしいが、でもいま振り返ると本当にそう思う。猪木は猪木なりに、新日本プロレスを、プロレス界を守っていたのではないだろうか(いや…本人自身にどこまでその自覚があるかは置いといて)

 

 

そう思えば、やはりこの言葉に尽きる。

 

猪木さん、プロレス界を盛り上げてくれてありがとうございました。

猪木さんがいなければ、現在のプロレス界は間違いなく存在していなかったと思います。

これからも、日本プロレス界の発展を、どうかお祈りください。

65日目 書きたいことがない、ということも書いていくって決めたじゃないか

タイトル通りだが、まあ書きたいことがない。

 

前回も書いたが、退院後はとにかく普通の生活を送ることで一杯になってしまい、周りの何かを楽しむ余裕がない。

 

そして、やっぱりこのコロナで、外で遊べないのが結構効いてる気がする。

 

喋りたい。

 

家と仕事の往復だと、家のことも仕事のことも嫌な部分ばかり見えてしまう。

 

子どもたちが寝て、ようやく自分の時間だと思ってSwitchの電源入れるんだけど、実際そこまでやりたいゲームもない。。。

 

いや、本当はあるんだけど、集中できない。

 

困った。楽しくない…。

 

仕方ないから、とりあえずもうねる(汗)

64日目 退院から1週間

ほんと今更なんですけど「〇〇日目」とかって、てめー日付空きまくってるクセにシレッと日付更新してんじゃねえって自分で思ってますすいません。

 

ともかく、続けることに意義があると思って…こんな形ですがちゃんと100日目まで行きます。

 

で。

 

退院から1週間たちました。

 

まだ1週間か・・・という気持ちと、そもそも救急搬送されてから1ヶ月くらいしか経ってないのか、とか。

 

いまはというと、腹腔鏡手術であけたおへその傷がとにかくかゆい。

 

前回、ここまでかゆくなかったような…いやわかんないな。そうだったかも。

 

とにかく退院前に「腸壁ヘルニアのリスクが人より高い」と言われたことにビビっちゃってやたらおへそを気にしちゃう。

 

次、週末に経過観察で通院するからその時聞いてみよう。

 

さて。明日から出勤業務になる。在宅勤務ともおさらば。

 

ぶっちゃけ、在宅で全く問題のない業務をわざわざ出勤にこだわってる事も、このごに及んでまだ勤務見直しがされないうちの会社には驚くが、まあ仕方ない。

 

ともかく明日、早起きして頑張って会社行きます。

63日目 在宅で仕事に復帰

今日から仕事復帰。

 

大したことはしてないが、やっぱ「仕事してる」ってだけで疲れるもんだね。

 

ちょっとずつ元の生活に戻ってきてるが…

 

筋トレは一ヶ月できない。あんなに落ちなかった体重が一気に10キロ落ちた。

 

ゲームやる体力があんまり無い(夜、気づいたら寝てる…)

 

Twitterをほとんど見てない(あんまり書けることもなくて 汗)

 

いわゆる「元通りの生活」って意味だとまだまだ先のことなのかも。

 

早く、夜中まで起きてゲームできるくらい体力戻したいなぁ。

 

そのためにはあれだ。なんせかんせ歩かなければ!

62日目 息子と二人で過ごす日

退院後、今日まで自宅療養日。

 

平日だから、みんな学校やらで外に出てるわけだが、息子は金土で宿泊学習に行っていたから今日が振替休日。

 

不登校で毎日ずっと一緒にいたのがもう3年前。いまは下の子もいて、2人でなにかするるということが滅多に無くなった。

 

今日、一番盛り上がったのは、スマブラのキャラを新日本プロレスの選手に見立てて「クラウドオカダ・カズチカ」「セフィロスジェイ・ホワイト」とか言って、CPU同士で戦わせながらタイトル戦をしていく、という遊び。

 

途中「あれ?後藤選手はサムス…?いや、アイク??」「ヒロムはソニック?」とか、設定忘れてオタオタしたりして、もはややってるこっちも何がなんだか。

 

でも、試合結果出るたびに二人で盛り上がって、息子が試合のたびに「ほら!ちゃんと曲流して!」って僕のCD使って選手の入場曲流してから試合始めたりして。ほんと、プロレス好きだなお前。嬉しいよ。

 

あっという間に夕方。家族が順番に帰ってきてからは、自然とママのご飯用意の手伝いを始める「いつもの息子」に戻った。

 

小学校5年生。

 

ソファに寝そべる姉に「お前も何かしろよ!」といい、妹に「こっちのおはし並べて」とか指示してバランスを取ってる息子を見て、不登校のあの日が何か遠い昔みたいに思えてきた。

 

実際には、IQを考えても高等支援学校に入れるか微妙なグレーゾーンなので、どういう人生を歩ませるか真剣に考えなきゃいけない時期なのが正直なところ。

 

けど今は…立派だなぁ、と思っておく。

 

 

 

 

ささ。明日から在宅で仕事再開。皆に迷惑かけたけど、復帰すんの不安だー。でも頑張る。

61日目 明日退院

Twitterはちょこちょこ入れてたけど、今回は思った以上に回復時間かかった。

 

 

遡ること9月14日。

朝一で手術。

 

「まず、弱めの麻酔から入れます。…いま聞こえますか?じゃあ次、本格的な麻酔入れますね?ゆっくり深呼吸してください」

 

-------------

 

ここからICUで一通りの管と足のマッサージ機をつけられてるところまで時間が飛ぶ。

 

前回の手術は子供たちがキャッキャと寝室で遊んでる夢をみたが、今回は夢も何もなくワープしてくるような感覚で現実に戻ってきた。

 

女性の看護師さんが「痛いところありますか?」と聞いてきてるのがうっすらと聞こえる。

 

尿道がいたい」

「ごめん、尿道は絶対痛いんだ」

「手術より、カテーテルが嫌いなんだ…w」

「よく言われるわぁw」

 

この辺でまた、意識が飛ぶ。

 

ここからは、断片断片で寝たり起きたり。

 

痛くなって痛み止め入れてもらって、また寝て。

 

いい加減寝相変えたいなと思ったら心電図取る機械が外れて大きい音がなったり。

 

 

 

 

で、今回はここで夢を見る。

 

実家で、母がアイロンかけようとしたところで、そのアイロン台に突っ伏して寝てる。

 

僕「おい大丈夫か?」

母「あらぁ寝てた。ちょっと頭痛くてね」

 

普段、体調崩すことなんてほぼ無い母の様子に心配した僕は、布団を引いて

「コロナとかあるから怖いな。とりあえず寝な。代わり出来ないこと多くて申し訳ないけど…」

ととりあえず寝かせようとする。

 

「家で優しいのはお前だけだね、ちょっと休んだら大丈夫だから」

 

 

 

 

 

ここで目が覚めた。

 

そういえばよく言われてたな。「家で優しいのはお前だけだね」って。

 

そう言われるのが嬉しいから、なるべく家でも外でも、人からそう言われるように振る舞ってたな。

 

結果、損することの方が多かった気もするけど…

 

 

 

 

なんて振り返ってたら、つけてたラジオから「水曜JUNK 山里亮太の不毛な議論」が流れてくる。夜1時か。

 

ここから、痛いしいい加減体力も戻ってきて眠れないしで長い時間が続く。

 

そして「あと何時間後には、このカテーテル抜くんだ…」という事しか考えられなくなる。

 

 

朝。

 

鼻の酸素機が取れ、足のマッサージ機が取れ、立ち上がる練習から始まる。

 

まあこれが苦手。めまいに勝てない。

 

それでも、我慢しながら立って、歩いて。

 

じゃあ通常病棟に戻りますね、と。

 

で、カテーテル抜いてもらったけど、ああやっぱり今回も痛かった。

 

アレより痛いものは無いね。

 

 

で、病棟に戻ってきてから今日までは痛みと「お腹に力が入らなくておならがでない」というツラさに耐えつつ、とにかく歩く。

 

最近は「歩ける体調ならとにかく歩いて回復を促す」という考え方らしいね。

 

一日2時間くらいは歩いてると思う。

 

でも、筋トレはもうしばらく禁止だって。

 

開けた穴が大きくて、塞がるのにしばらくかかるらしい。

 

ああ、腕細くなっちゃう…。

 

 

そうそう、こんなところでなんだけど、ダイエットで目標にしてた「70.0kg以下」は、ここでひっそりと達成された。

 

この1ヶ月で10kg近く落ちてしまった…。

 

さ。そんなこんなで、明日の午前中で退院、ということになった。

 

え、おへそ隠してるテープとかまだ外れてないけど!?大丈夫なの!?

 

そして、今回の入院は歩いてるかお腹痛いかの2択だったから、せっかく持ってきた3DS全然使ってない!もったいない!

 

…なーんて、とにかく早く帰りたいわ。

 

早く明日が来るように、今日はこれで寝ます。おやすみー。

60日目 手術前

明日手術。

前乗りして今日の昼から入院してる。

手術前日のそわそわした感じ、いやだなぁ…

でも、これ終わって傷がふさがったら、また筋トレ再開できる。

いままで制限してた普通のご飯も食べられる。

今まで、脂ものを徹底的に排除してたから反動で沢山食べちゃいそう。

気を付けないと体重戻るな…。

体重は体重で、現状のものをブログに更新しないと。

明日朝から手術で、そのあと丸一日リカバリー室。戻ってくるのは明後日の日中。

英語の勉強も、今日の夜やって日付またがったらすぐにまたやらないと、連続記録途絶えちゃうわ。

せっかくまた3DS持ってきたからやりたいのに、緊張して手につかない。

全身麻酔だから、気づいたら終わっちゃうのにな。

そうそう、緊張して手につかないとか言っといて、さっき昼から寝ちゃって、夕ご飯の時間まで目覚めなかった。

なんやかや、疲れてんのかね。毎日それなりに忙しいもんなやっぱり。

さーさー、明日元気に手術受けるために、今日は楽しい事考えましょ。

おやすみ。